あの人の運勢

田中好子さんの来世を西洋占星術で占いました
| コメント(0) | トラックバック(0)

西洋占星術でみる来世はJIN―仁のような人生を目指してくる?

自分はもっと勉強をしたかった?

心の修行をする事がテーマの来世?

 

西洋占星術で今日も小林随風さんが有名人のホロスコープをみてゆきたいと思います。さて、田中好子さんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。来世を占ってみたいと思います。

 

田中好子1956年4月8日生まれ

死亡2011年4月21日19:04東京

 

西洋占星術でみる来世はJIN―仁のような人生を目指してくる?

 

ホロスコープを出した瞬間「来世はJIN―仁のような人生を目指してくるんだ」と呟く随風さんです。死亡時の6室には水星、火星、木星、太陽と入ります。この集団は12室土星、3室冥王星とぶつかります。健康の事を相当悔やんでいますね。ですから来世は人の健康に関する事をする事は間違いないですね。JIN―仁のようなお医者さんみたいな来世を選んでくるのかもしれませんね。やはり太陽のあるところがハードアスペクトでいっちゃってますから、神様に「もう一度健康に関する事をやらせてください」と懇願するに違いありません。どこかのお医者さん一家のようなところを、選んで生まれる可能性が高いですね。人間は二つのものでしかできていません。それは体(6室)と心(12室)です。どちらかの状態が悪いと病気になります。乳がんになったという事は、どちらかに問題がありました。土星が12室に入りますので、心と体両方問題があったのかもしれませんね。

 

自分はもっと勉強をしたかった?

 

3室の冥王星は激しいTスクエアの一角です。「自分はもっと勉強したかったー」と言っている感じがしますね。考えてみれば、全盛期のキャンディーズは勉強などする暇なんかなかったのでしょうね。本来、勉強をいっぱいしなければいけない時に、あまりにもしなさすぎた事を後悔しています。来世は「徹底的に勉強したいです」と神様にお願いしています。もしかしたら過激な受験戦争をするところを逆に、選んで生まれる可能性も高いですね。国によって今、アジアの国々は「詰め込み教育」をしています。日本は「ゆとり教育」の失敗により、また、「詰め込み教育」が復活しました。受験戦争の海に飛び込みます。

 

心の修行をする事がテーマの来世?

 

12室には土星が入ります。生きている時は、この12室がすべて、足を引っ張りました。幸せになれない人は、過去にあった嫌な事ばかりを思い出しては、イヤーな気分になっています。これをやってばかりいると、更にイヤーな事を引き寄せてしまいます。スーちゃんはこれもものすごく、後悔しております。いつも外に出るとトラブルに出会う人がいます。よーく話を聞いてみると、過去にあった嫌な事ばかり、話をしたり、思い出しては悲劇のヒロインになっていました。これはとても危険な事なのですね。嫌な出来事、人、ものを引き寄せてくるのですね。来世はこの心の修行をするために、信仰心を持つ環境を選んで生まれてくる可能性は高いですね。また、無宗教の家に生まれたとしても、人生のどこかで信仰に目覚めるような環境を選ぶかもしれませんね。元々の出生図では太陽木星のアスペクトを持っています。現世では大司祭様になろうと生まれてきたのでした。

ご冥福をお祈りいたします。

コメントする