ズイフーボイス

239ゴールデンルール
| コメント(0) | トラックバック(0)

問題が起こる人は、当たり前が口癖

 

問題が起こるという事は感謝のなさを教えてくれる現象として出てきます。「感謝」の反対は「当たり前」です。そうしてくれて当たり前、給料くれて当たり前という風に「当たり前」と思ってしまうと血みどろになります。職場でいやがらせをしてくる上司がいるとします。どのように問題を解決してゆけばよいのかといいますとほかの人に感謝してゆくとよいのですね。職場ではその上司以外はみんな嫌がらせをしてこないのですからそれに感謝します。同僚に感謝し、顧客に感謝し、社長に感謝します。そうすると心のコリが和らぎ嫌がらせする上司にも「感謝してます」と言う事ができるのですね。そこから奇跡が始まるのですね。上司の悪口ばかり言っている人には奇跡は起こらないのですね。まずは、今あるものに感謝するという事で、更に感謝したくなる事が起こるようになってきます。「僕には部長の滝という良い修行場があるんです」という時起きる現象が変わってくるのですね。

「部長、今日は元気ないじゃないですか、いつものように元気に叱ってくださいよ」「部長のお説教30分じゃ、気合入ってないな、一時間はやってもらわないと」と言った瞬間、その人は急に出世したりするのですね。不幸な人は、環境のせいにします。成功する人は環境を作ってゆきます。部長が嫌だからやめて、ほかの職場に行ったとしても、嫌な奴はどこにでもいますので、地獄はいつまでも続く仕組みになっているのですね。人は、まず、自分のいる環境で、幸せになる事を目指さなければいけません。そして、その環境で幸せになれれば、どこへ行っても幸せになれるのですね。

コメントする