あの人の運勢

中島哲也監督を西洋占星術で占いました
| コメント(0) | トラックバック(0)

西洋占星術でみる娯楽の千日回峰?

清澄山に山籠もりする大山倍達?

長篠の戦いでは戦い方の常識が変わった?

 

西洋占星術で今日も小林随風さんが有名人のホロスコープをみてゆきたいと思います。さて、映画監督の中島哲也監督の運勢をみてみたいと思います。

 

中島哲也1959年9月2日生まれ

 

西洋占星術でみる娯楽の千日回峰?

 

ホロスコープを出した瞬間「娯楽の千日回峰をしようとしてるお!!」と叫ぶ随風さんです。太陽乙女座8度にあり金星、冥王星と合です。太陽と金星はコンバストです。楽しいことが大好きという意味が太陽金星、特にコンバストの特徴です。娯楽に関する仕事をしているのも納得ですね。乙女座8度は「銀座のママ度数」ですね。情念ゲームと言われるところに太陽がありますね。嫌われ松子では、そんな情念がテーマだったのですね。ただのコンバストだけでは、おめでたい感じなのですが、そこへ冥王星という「千日回峰」が関わります。徹底した映画作りが特徴です。それは世界で一番つらい修行と言われる、比叡山の千日回峰の如くですね。中谷さんが「女優やめようと思った」ぐらいつらい撮影だったそうですね。深キョンさんにもかなり厳しい事言っていたそうですね。中島さんの作品に出る役者さんは、「千日回峰」やるつもりでやったほうがよいのですね。死ぬぐらいまで自分を追い込みます。

 

清澄山に山籠もりする大山倍達?

 

火星は乙女座27度にあり土星とスクエアです。清澄山に山籠もりして、徹底的に鍛え上げる大山倍達さんみたいですね。一つの目的に集中するために、余分なものをそぎ落とすというのは火星土星のアスペクトの特徴ですね。受験勉強をするために、一切友達と遊ぶのを我慢しているような感じですね。映画を作り出したら、自分のエネルギーすべてを注ぎ込んで、ゆく人なのですね。昔中島さんが作った「シバ漬け食べたい」というCMがものすごく流行りましたね。このCMを作るために、相当集中して仕事をやったのでしょうね。たった30秒のワンシーンだけに、これだけ集中できるのは、火星土星のなせる技なのですね。

 

長篠の戦いでは戦い方の常識が変わった?

 

水星は獅子座24度にあり月、天王星合、木星とスクエア、土星とトラインです。長篠の戦で織田信長が、鉄砲を投入し武田軍を壊滅させた感じの水星ですね。今までにないやり方で、作品を作ってきた事が、天王星でわかりますね。ただ、木星はスクエアなので、ちょっと過激になりやすいといえばなりやすいです。中谷さんも、深キョンさんもそのやり方にびっくりだったのですね。木星と天王星のスクエアと言うと、発明したけど、今すぐには役に立たない発明だったり、横取りされたりします。「発明家です」と言いながら、ジャンピングシューズとか履いている人が実際にいますね。さかなクンが、帽子を脱いでくださいと言われて、「これは皮膚の一部です」と言っている感じですね。変な人というのは、間違いないので、出演者は覚悟が必要なのでしょうね。

とにかくこれからも顔晴ってもらいたいと思います。

コメントする