あの人の運勢

上川大樹選手を西洋占星術で占いました
| コメント(2) | トラックバック(0)

西洋占星術でみるイスラエル空軍の洗脳プログラム?

蠍の毒針を持った、スナイパー?

篠原監督ぐらいがちょうどいい?

 

西洋占星術で今日も小林随風さんが有名人のホロスコープをみてゆきたいと思います。さて、世界柔道で金メダルを獲った上川大樹選手の運勢をみてみたいと思います。

 

上川大樹1989年11月9日生まれ

 

西洋占星術でみるイスラエル空軍の洗脳プログラム?

 

ホロスコープを出した瞬間「イスラエル空軍の洗脳プログラムを使うお!!」と叫ぶ随風さんです。太陽は蠍座16度にあり水星冥王星合、月とトラインです。世界で一番優秀なパイロットがいるのが、イスラエル空軍です。そのイスラエル空軍の「俺たちは世界一だ」という意識を保つプログラムが、ルー・タイスさんが開発した洗脳プログラムでしたね。上川選手はルー・タイスさんのプログラムなしでも、それができる事を冥王星が示します。冥王星がアスペクトしている人は「大いなる思い込み」ができる人です。ですから「俺は前人未到の全日本15連覇、300連勝、オリンピック4大会すべて金メダル」と言ってしまえば本当にできてしまうことができます。山下泰裕選手の記録を抜く事も可能かもしれませんね。そして、何が人生の目標なのかといいますと、「権力を握る」という事です。山下先生の記録を破らないと、一生山下先生には頭が上がらないので(柔道界は実力の世界なのです)プロレス方面に行くかもしれませんね。小川直也選手がそうでしたね。

 

蠍の毒針を持った、スナイパー?

 

火星は蠍座3度にあり、天王星金星合とセクスタイルです。まるで蠍の毒針を持ったスナイパーのような火星ですね。蠍座は砂漠の中で、じっと獲物を待ちます。それは命がけです。もし、獲物が通らなければ餓死してしまいます。そんな鋭い毒針が世界柔道で見せた「支え釣り込み足」だったのですね。フランスのリネールがもう少しでひっくり返りそうになっていましたね。あの鋭い技の感じは、じーっと相手の隙を窺う蠍だったのですね。随風さん的には「効果」があったのでは?と思っています。いずれにしても、日本柔道に新たな新星が生まれた事に間違いないですね。鈴木啓治選手は負けてしまいましたが、次は金メダル獲ってもらいたいですね。

 

篠原監督ぐらいがちょうどいい?

 

月は魚座にあり、太陽水星冥王星合とトラインです。太陽と月のトラインは、ともすればのんびりしすぎてしまうのが特徴です。ですから篠原監督ぐらいに、葉っぱかけるぐらいでちょうどいいのかもしれませんね。強化合宿中も「帰ってもいいんだぞ」と何度も篠原監督から言われていたそうですね。でもそのくらいでちょうどいいのが、太陽月トラインですね。月相は10相の「天体観測者」あたりです。天体観測で知った事をいろんな人に、教えてあげなければいけないのですね。ともすれば自分だけ知っていて、何もしない可能性がありますので、そこを葉っぱをかける人が必要なのですね。見てると優雅な人が多いのですが、「もうすこし、欲持とうよ」と思う人も多いのは事実です。太陽と月のソフトアスペクトは公私をはっきり分けるという意味です。仕事は家庭に持ち込まないという特徴があります。平和なプライベートなのですね。そこへ篠原監督が現れて「何休んでんだ、稽古するぞ」と言って拉致ってくのでしょうね。

とにかくこれからも顔晴ってもらいたいと思います。

コメント(2)

A formidable share, I simply given this onto a colleague who was doing somewhat analysis on this. And he in fact purchased me breakfast as a result of I found it for him.. smile. So let me reword that: Thnx for the deal with! But yeah Thnkx for spending the time to debate this, I feel strongly about it and love reading more on this topic. If potential, as you become experience, would you thoughts updating your blog with more particulars? It's extremely helpful for me. Huge thumb up for this weblog submit!

Thanks for sharing, this is a fantastic article. Want more.

コメントする